想い

下手くそな言葉で。

 

 

 

傷だらけの、わたしよ。

 

 

どこで、

自分を傷をつけたか

分かっていないのに、

 

 

 

無理に進まないで欲しいのです。